マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » マウスピース矯正とは? » マウスピース矯正中の口臭対策
 

マウスピース矯正中の口臭対策

「マウスピース矯正をすると、口臭がきつくなることがある」と聞いたことがある!という人は多いかもしれません。実は、マウスピース矯正に一定に条件が重なってしまうと、気になる口臭の原因になってしまうのです。

このページでは、マウスピース矯正中に口臭がきつくなる原因や、対策方法などについて解説していきます。

マウスピース矯正で口臭が発生する原因とは

マウスピース矯正中に口臭がきつくなる原因はいくつかありますが、そのうちの1つが「矯正によって唾液の循環が悪くなること」です。

唾液の循環が悪くなるとは?

もう少し具体的に解説してみましょう。口内には、微好気性菌と呼ばれる酸素を好む菌、嫌気性菌と呼ばれる酸素の少ない環境を好む菌、ウイルス、バクテリアなどが生息しています。このうち、嫌気性菌が作り出す「揮発性硫黄化合物」と唾液が混ざることが口臭の原因です。

しかし唾液には一方で口内を循環し汚れや臭いの原因となる物質を洗い流す自浄作用があります。マウスピース矯正を行うと唾液の循環が疎外され、唾液による自浄作用が機能しにくくなります。それが原因となり、口臭がきつくなる原因を増やしてしまうのです。

マウスピース矯正中の口臭対策

マウスピース矯正中の口臭対策としては、次のようなものが挙げられます。

装着前の歯磨き

マウスピース矯正中の口臭対策として大切なのが、マウスピースを装着する前に、しっかりと歯磨きをすることです。あらかじめ口内の状態を整えておけば、においの原因となる嫌気性菌の数を減らすことができます。

装着後のマウスピースのお手入れ

また、マウスピースを外した後は、専用洗浄液に浸してしっかりと洗浄しましょう。

マウスピース洗浄剤は2つのタイプに分けられます。「つけ置きタイプ」と「スプレー・泡タイプ」で、場面に合わせて使い分けると効果的です。自宅で時間をかけて洗浄するときは「つけ置きタイプ」を、外出先でさっと洗いたいときは「スプレー・泡タイプ」が便利。ただ洗浄効果はつけ置きタイプほど強くはないので、簡易的な洗浄方法として使うと良いでしょう。

求める効果によって使い分けよう

漂白作用や除菌効果を求めるなら、漂白活性化剤が配合されているタイプがおすすめです。落ちにくいたんぱく質汚れには酵素配合の洗浄剤で、たんぱく質を分解しながら洗浄するタイプが向いています。

唾液を飲み込む

マウスピース装着中は、唾液が溜まりやすくなっています。口内で唾液が溜まっている状態は菌が発生しやすくマウスピースにはよくありません。唾液が溜まっているなと感じたら、こまめに飲み込む癖をつけるようにすると良いでしょう。

ひかくんのまとめ

img01

歯並びを綺麗にするための矯正中に、息が臭くなるとしたら、なんだか納得いかないよね。洗浄液は用途別に選べるぐらい種類がたくさんあって、持ち運びしやすいものだとランチタイムやミーティングなど、気になるときに使えて便利!

オーラルケアは続けることが大切。マウスピース矯正の口臭は日頃のケアで十分とれる対策ばかりなので、ぜひ参考にしてね!