マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » 【PR】マウスピース矯正の危険性

【PR】マウスピース矯正の危険性

ここでは、マウスピース矯正の危険性について解説しています。マウスピース矯正を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

マウスピース矯正は危険?

見た目が気にならず、自分で取り外しも可能なマウスピース矯正は、手軽さや便利さから多くの人に注目されている矯正治療です。

しかし、決してメリットだけが大きいわけではなく、特有のデメリットやリスクもあります。デメリットやリスクを担当の歯科医師が患者に伝えたうえで、正しい治療計画のもと治療が行われれば問題ありません。しかし、確認が不十分だったことでトラブルが生じ、失敗例となってしまうこともあるのです。実際、不適切なマウスピース矯正治療に関する苦情も増えているようで、「日本矯正歯科学会」からも警鐘が鳴らされています。

ここで、マウスピース矯正治療のデメリット・リスクとして挙げられている主なものを見てみましょう。

効果が装着時間に影響される(自己管理が求められる)

マウスピース矯正は、指定の装着時間を守らなければなりません。そうしないと歯が計画どおりに動かず、治療期間が延びるおそれがあるほか、きちんと効果が得られないこともあります。つまり、治療の成果が患者の協力度に大きく左右されるのです。

適応できる症例(歯並びの症状)が限られる

歯を大きく移動する必要があるなど症状が重度の場合は、基本的にマウスピース矯正の適用外です(適応範囲はマウスピースの種類によっても異なります)。すべての歯並びがマウスピース矯正で治るというわけではありません。

歯ぎしりでマウスピースが破損することもある

マウスピースは薄いため、食いしばりや歯ぎしりなどのクセで破損することがあります。とくに睡眠中の食いしばりや歯ぎしりには注意が必要です。

奥歯が圧下されるケースがある

マウスピース矯正で使用するマウスピースは、奥歯の咬み合わせの面まで覆います。そのため、歯を噛み締めた時、奥歯の辺りが強くなり、噛み締めが強い方の場合は顎関節に症状が出てしまうことも少なくありません。

保険診療には使用できない

マウスピース(アライナー)は、国内の薬機法において未承認の装置です。そのため、本来は保険適用となる先天性疾患を持ったケースや顎変形症のケースであっても、マウスピースを用いることで保険適応ではなくなります。また、医薬品副作用被害者救済制度も対象外です。

そのほか、「歯の根元部分についての情報が不足している(歯根から動かさなければ意味をなさない)」「毎回型取りが必要なケースでは通院回数が他の矯正に比べ多くなる」なども挙げられます。

以上のような、マウスピース矯正特有のデメリット・リスクをしっかりと把握したうで、治療を検討しましょう。

もちろん、「手軽にできる」「審美性が高い」などのメリットも大きいので、メリットとデメリットの両方を理解したうえで、自分に合った矯正方法かどうかをしっかりと歯科医師に見極めてもらうことが重要となります。

そして、マウスピース矯正システムにもさまざまなブランドがあることも知っておきましょう。同じマウスピース矯正でも、どのブランドを選ぶかによって、費用や治療期間、効果などが変わってくるからです。

また、安すぎたり、自分で勝手に辞められるマウスピース矯正システムはおすすめできません。マウスピースの品質やメンテナンス面、効果面でのデメリットが大きいからです。マウスピース矯正を選ぶ際には、費用だけを見るのではなく、「導入医院数は多いか?」などに着目しながら信頼できるものを選びましょう。

マウスピース矯正は見た目が気にならないことが大きなメリットではありますが、審美性のみにとらわれるのも良くありません。本来、「正しく噛める」という機能の上に、審美性があります。「審美」の前に「医療」を意識しているブランドかどうかも重要です。

そういった危険なマウスピースに警鐘を鳴らすのは…

保険が適応できないなど、今の保険制度上どうにもならないことや、適応できる歯並びが限られてしまうことなどは、仕方がないことだとしても、「審美」のみを追求し、「医療」である「噛み合わせ」を無視したマウスピースが多いことが、業界としてよくない!としているのが、スマイルトゥルー(SmileTRU)です。

公式サイトには「しっかりと正確に診断を行い、無理に治療を勧めることはありません。ケースによってはお断りさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。そのような際には、SmileTRUシステムに限らず、患者様に最も適した矯正治療方法をご提案いたします」とあるように、できない歯並びはきちんと断ることをモットーにしています。

引用元:スマイルトゥルー(https://smiletru.jp/)

単純にワイヤー矯正と比べて、「手軽です!」「安いです!」「簡単です!」と、いいところだけを謳うのではない姿勢が、みられるシステムです。

スマイルトゥルー公式サイトには、3分弱の公式サイトや、患者さんのBeforeAfterの様子がわかる写真があるので、気になる方はチェックしてください。

スマイルトゥルーの
マウスピース矯正を
公式サイトでチェックする