マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » マウスピース矯正システム一覧 » インビザライン
 

インビザライン

米国のアラインテクノロジー社が1998年に開発し、1999年から提供開始したマウスピース矯正装置。世界各国100以上の国で900万人以上に使われている(2020年10月時点)、マウスピース矯正ではスタンダードなブランドです。

インビザラインの特徴

スタンダードなマウスピース型矯正装置

日本には2006年に導入されたマウスピース型矯正装置。これまでの実績数の多さや治療範囲の広さからも、多くの歯科医院で採用されている定番マウスピースです。

2週間ごとに新しいマウスピースに交換し、少しずつ歯を動かしていきます。装着していても目立たず、食事や歯磨きの際には取り外せるので、治療中でも清潔で快適な状態を保てます。

過去の臨床データからより良い治療計画を提案

マウスピース1枚で動かすことのできる移動量は0.25mmで、4枚で1mm前後の移動量。インビザラインを使った矯正移動シミュレーションでは、目標となる歯の位置まで最短距離で動かせるように、コンピューターが歯の動きを計測するので無駄がありません。過去の臨床データを分析し、一人一人にあった治療計画を提案してくれます。

研究から広がる症例適応範囲

インビザラインには4つの治療プランがあり、包括的治療のインビザライン・フル主に10代の治療を目的にしたインビザライン・ティーン軽度な不正咬合や後戻りなどに対応したインビザライン・ライトとインビザライン・i7です。

インビザラインの研究は日々進んでおり、症例範囲も広くなってきています。治療が難しいケースでも、他の装置と併用することで可能になることもあるので、まずは医師に相談するのがおすすめです。

インビザラインの口コミ・評判

ひかくんより

img01

日々の研究からも常に進化し、先進のシステムが提供されているインビザライン。インビザラインを取り扱う矯正医には、プラチナプロバイダーとゴールドプロバイダーといった称号があるんだ。クリニック選びでは、この称号を持つ医師がいるのかもチェックしてみるといいよ。

インビザラインの基本情報

所在地 東京都品川区上大崎3-1-1
価格 公式サイトに記載なし
適応範囲 ほとんどの症例に適応