マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » ひかくんが徹底比較!マウスピース矯正のいろいろ » マウスピース矯正とワイヤー矯正を比較!
 

マウスピース矯正とワイヤー矯正を比較!

ここでは、ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いを解説しているよ。重要なポイントで比較しながらわかりやすくまとめているから、ワイヤー矯正とマウスピース矯正で迷っている人は参考にしてね!

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いは大きく3つ!

ワイヤー矯正とマウスピース矯正を比べたときに、まず大きく違うのが、治療中の「見た目」です。また、「適応範囲」「痛み」にも違いがあるので、それぞれについてくわしく見ていきましょう。

マウスピース矯正は「見た目」がいい!

治療中の見た目を気にするならマウスピース矯正がおすすめです。マウスピースは透明なので、あまり目立ちません。また、記念写真を撮る時や面接をする時など、どうしても取り外したい時には取り外せます。

一方のワイヤー矯正はブラケットもワイヤーも金属でできているため、歯の色と金属の色との違いが大きく、会話したり笑ったりした時にどうしても目立ってしまいます。なかには金属を使っていないブラケットもありますが(審美ブラケット)、金属製のものと比べると強度が劣るほか費用が高くなります。またブラケットを歯の裏に付ける方法もありますが、やはり費用は上がります。

「適応範囲」はワイヤー矯正の方が広い

ワイヤーにかける力によって歯を動かすワイヤー矯正は、色々な方向に歯を動かせるうえ、適応範囲(適した歯並びの症状)も広いのが利点です。

一方のマウスピース矯正は、症状が重度の場合や、奥歯の移動が必要となる場合には向きません。治療期間がワイヤー矯正と比べて長くなることや、適応外になることが考えられます。マウスピース矯正は、前歯を中心としたとくに気になる箇所を治したいなど、軽~中度の症状に適した矯正治療と言えるでしょう。

マウスピース矯正の方が「痛み」は少ない

上でも触れたように、ワイヤー矯正はワイヤーにかける力によって歯を動かします。奥歯など、力を強くかけなくては動かせない歯がある場合、それに合わせて他の歯にも強い力がかかるため、人によっては痛みが辛いと感じるようです。

その点、マウスピース矯正は、動かす必要がある歯のみに適切な力をかけられるので、痛みは比較的少ないとされています。

ひかくんのまとめ

img01

治療中の痛みが少なく、手軽にできるのはマウスピース矯正だよ!

ワイヤー矯正のように、笑った時や会話をした時に矯正器具が目立たないのもうれしいポイントだね。

それぞれの特徴を把握して、自分に合った方を選ぼう!