マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » ひかくんが徹底比較!マウスピース矯正のいろいろ » 嘔吐反射が不安
 

嘔吐反射が不安

歯列矯正を受けるにあたって様々な不安が浮かびます。口腔内に異物が入ることで強い吐き気に襲われる「嘔吐反射」もその一つ。歯列矯正と嘔吐反射の関係性や、対策方法などについて紹介していきます。

嘔吐反射とは?

嘔吐反射とは、口の中に何かが入ることによって刺激を受け、吐き気を覚える症状のことを言います。「えずく」という言い方がされることもあり、歯医者の指や器具が入ることによって嘔吐反射が起きる人も少なくありません。

嘔吐反射には個人差があり、まったく平気だというひともいれば、嘔吐反射が強すぎるために歯科医院に行くのが億劫に感じたり、うがいや歯磨きでもえずいてしまったり、首回りが苦しくなることで吐き気を催したりする人もいます。

嘔吐反射を抱えている人ほど嘔吐に関するトラウマを持っていることも珍しくありません。考えただけで気持ち悪くなったり、恐怖感が生まれて極度の緊張を覚えてしまったりという人もいます。

嘔吐反射は物理的な刺激が原因で起こるものですが、長期的に嘔吐反射を抱えて生きてきた人は、トラウマに引きずられて心因性の嘔吐反射を持っている可能性もあります。

なぜ歯列矯正時に嘔吐反射が起こる?

歯列矯正するにあたって、様々なフェーズで嘔吐反射が懸念される場面が生じます。

例えば歯列矯正の装置を作るために、歯型を採る必要があります。このとき粘土のような素材を口に入れるため、生理的に嘔吐反射が起きる可能性があります。歯型を採る素材によっては、嘔吐反射が起きる可能性も高まります。

実際に装置が完成したら、それを長期間にわたって口腔内に入れて過ごす必要があります。嘔吐反射を経験している人ほど、長期間にわたって口の中に異物(矯正装置)を入れて過ごすことに不安や恐怖を覚えがちです。

実際に矯正装置を装着するときやしているときに嘔吐反射が起きる可能性がありますし、この嘔吐反射への強い不安感が原因で、心因性の嘔吐反射が起きる可能性もあります。

嘔吐反射にマウスピース矯正がおすすめな理由

歯列矯正による嘔吐反射が不安な人は、ワイヤー矯正に比べて矯正期間が短く取り外しが可能なマウスピース矯正がおすすめです。中でも「インビザライン」は治療計画をコンピューター上で行うため、歯型採りが1度ですませられます。

嘔吐反射がネックで歯列矯正を悩んでいる人は、歯科医師にそのことを相談して適した矯正治療を提案してもらいましょう。