マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » ひかくんが徹底比較!マウスピース矯正のいろいろ » マウスピース矯正とワイヤー矯正の併用
 

マウスピース矯正とワイヤー矯正の併用

歯の矯正治療には、マウスピースを利用する場合と、ワイヤーを利用する方法の2種類がありますが、実は併用することが可能。マウスピース矯正とワイヤー矯正を併用できるケースや、マウスピースとワイヤーの違いなどを見ていきましょう。

マウスピース矯正でワイヤーを併用するケース

歯科矯正と聞いたとき、多くの人が「ワイヤーかマウスピースか」と考えますが、ワイヤー矯正とマウスピース矯正をどちらも併用しながら歯を矯正する方法も存在します

例えばマウスピース矯正で有名な「インビザライン」で矯正治療を行う場合には、状況によってワイヤー型装置を併用することも。マウスピースで歯を治療計画の通りに動かすことができず不適合になってしまった場合には、「リカバリー」するための補助装置が必要となります。ワイヤー矯正装置はマウスピース矯正には対応できない奥歯などを動かすことも得意なため、治療計画を進めるためにワイヤー装置を併用するというわけです。

また、マウスピース型矯正装置のプラスティックのカバーでしっかり歯を掴めない場合にも、小型のブラケット装置を接着して歯を動かしていくことがあります。

マウスピース矯正とワイヤーの違い

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正では、柔軟で透明のマウスピースを利用して歯を動かしていきます。見た目で歯の矯正をしていることがわかりづらく、審美性の高さが大きなメリット。マウスピースは簡単に取り外しが可能で、口の中を傷つけづらく痛みが生じることが少ない点も魅力と言えるでしょう。

ただしマウスピース矯正は1日に20時間以上装着しなければ効果が得られないため、つけ外しをしながらマウスピースを自分で管理しなければなりません。食事や歯磨きの際には取り外し、食後にまた管理をする…という手間を億劫に感じる人もいます。

また、マウスピースでは適応できない歯並びや歯の形も存在する上、対応している歯科医院が少ないことも懸念点です。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

ワイヤー矯正は「ブラケット」と呼ばれる固定装置とワイヤーを歯に装着する、従来から馴染まれている方法です。一度歯に矯正装置を固定したら、矯正医が判断するまで自分では取り外せません。そのため食事や歯磨きをしづらいと感じたり、正しくケアしないと虫歯になったりしやすいのがデメリットです。見た目に目立ちやすいのも懸念点の一つ。

ただし取り外す必要がないため、自己管理の手間はあまり感じにくいのがメリットです。マウスピースと比べると歯の移動が早く、適応できる治療の幅も広いためどんな歯並びにも対応できます。近年では歯の裏側に装着するような目立ちにくいワイヤー矯正も増えてきているため、外見重視の人でも選びやすくなっています。

ワイヤーの併用方法

マウスピースにワイヤーを装置を併用する場合は、必ずマウスピースの調整が必要になります。ワイヤー装置を装着するとマウスピースが入らなくなるため、ブラケット装置がぶつからないようにボタンカットしたり、毎回マウスピースをハサミで切ったりする方法で調整していきます。

ひかくんのまとめ

img01

マウスピースにもワイヤーにもそれぞれの違いやメリット・デメリットがあるんだ。

どちらか一つだけの方法にこだわらず、マウスピースとワイヤーの得意分野を上手く併用しながら矯正を進めていくのも良い方法だよ!