マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » ひかくんが徹底比較!マウスピース矯正のいろいろ » 実は多い?歯科治療恐怖症とは
 

実は多い?歯科治療恐怖症とは

人間は本能的に、自分にとって危険なものを察知して避けようとする働きをもっています。「歯科治療恐怖症」もその働きによるもので、歯医者に行くのがこわく感じる人や歯科治療を極端に嫌う人は、歯科治療恐怖症の可能性があります。

歯科治療恐怖症の症状

歯科治療恐怖症の人は、歯医者に行くことを怖がったり、歯科治療に対する恐怖や嫌悪を感じたり、歯科クリニックへ行くと口が開けられなくなったりといった症状が現れます。

歯医者で治療を受けたときに「ここまで我慢するのは痛かったでしょう?」と言われる人も、無意識に歯科治療恐怖症に陥っている可能性が考えられます。歯科治療を受けるのを恐れるあまり、虫歯や歯周病を我慢してしまっているのです。

歯科治療恐怖症の傾向がある人は恐怖を和らげるために、治療中に親しい人に手を握ってもらったり静脈内麻酔を受けたりして、やっと治療に入れることもあります。

歯科治療恐怖症になる理由

歯科治療恐怖症になってしまう人には、総じて歯科治療に対するトラウマがあります。例えば過去に受けた歯科治療で強い痛みを覚えたことや、歯科医師・歯科衛生士に嫌な態度を取られたりしたことなども、歯科治療恐怖症に繋がります。人によっては、診療台に押さえつけられるように治療を受けたことや、自分の歯磨きや食習慣に否定的なことばかりを言われた経験から、歯科治療恐怖症に繋がってしまったケースは意外とあるものです。

また、小さな頃から絵本・漫画、周囲の大人の様子から「歯医者さんは怖いところ」という固定概念を植え付けられてしまうことも。自分自身が経験していないけれど、育った環境が歯科治療恐怖症に繋がるパターンもあります。

歯科治療恐怖症の対策

多くの歯科クリニックが歯科治療恐怖症の対策に取り組んでおり、痛みや恐怖への配慮の他、治療の前に患者の意思を必ず尊重するインフォームドコンセントの徹底を行っています。

眠っているような感覚に陥る「静脈内麻酔法」や、不安・緊張を軽減する「笑気吸入鎮静法」などを使用するのも、歯科治療恐怖症の人が安全に歯科治療を受ける方法の一つです。

歯科治療恐怖症を克服することは、適切なタイミングで歯科治療を受け口の健康を保つために欠かせないこと。少しでも苦手意識や恐怖があれば、医師に相談して心穏やかに治療が受けられるよう配慮してもらいましょう。