マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » ひかくんが徹底比較!マウスピース矯正のいろいろ

ひかくんが徹底比較!
マウスピース矯正のいろいろ

ここでは、マウスピース矯正の基礎知識を徹底おさらい!いろいろなポイントを比較しながら、わかりやすく丁寧に、必要な知識をまとめました。

マウスピース矯正治療を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

インビザラインと格安マウスピース(LCM)を比較!

人気が高まっている「格安マウスピース(LCM)」について、くわしく紹介しているページです。マウスピース矯正のなかで最もメジャーなブランドとして知られている「インビザライン」と比較しながら、格安マウスピースの特徴や注意点をまとめています。

格安マウスピース矯正が気になっている方や、他のマウスピース矯正とどう違うのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マウスピース矯正の適応範囲を比較!

同じマウスピース矯正でも、ブランドによって対応できる歯並びの症状(適応範囲)には違いがあります。

このページでは、主なマウスピース矯正ブランドの適応範囲について、わかりやすく表にまとめました。

「マウスピース矯正の各ブランドの適応範囲を知りたい!」「自分の歯並びに合うマウスピース矯正選びの参考にしたい!」という方は、ぜひチェックしてください。

マウスピース矯正とワイヤー矯正を比較!

従来のワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いとして主に挙げられるのは、「治療中の見た目」「適応範囲(対応できる歯並びの症状)」「治療に伴う痛み」の3つです。

このページでは、これら3つの違いについて、わかりやすく丁寧に解説しています。

マウスピース矯正とワイヤー矯正で迷っている方、この2つの違いをくわしく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

マウスピース矯正のメリット・デメリットを比較!

マウスピース矯正にはメリットもデメリットもあるので、検討するなら両方をしっかりと把握しておくことが大切です。

このページでは、「目立ちにくい」「自分で取り外せる」「虫歯になりにくい」「ワイヤー裏側矯正より費用を抑えられる」「脱落しない」といった各メリットの詳細にくわえ、デメリットについても解説しています。

マウスピース矯正の成功事例・失敗事例を比較!

実際にマウスピース矯正治療を受けた人から寄せられている、成功例の口コミを紹介しています。

さらに、マウスピース矯正治療で起こりうる失敗ケースについても解説。失敗例を知っておくことで、治療の成功に近づけます。ぜひチェックしてみてください。

ワイヤー矯正のメリット・デメリットを比較!

ワイヤー矯正は、歴史が古く症例数も多いなど信頼性の高い矯正装置ですが、マウスピース矯正と比べて目立ちやすい、痛みを感じることもあるなど、デメリットもあります。

ワイヤー矯正をするなら、メリット・デメリットを両方チェックしておくことが大切です。ワイヤー矯正のメリット・デメリットを詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

セラミック矯正のメリット・デメリットを比較!

セラミック矯正のメリット・デメリットについて詳しく紹介しています。セラミック矯正は治療期間が短い、見た目を綺麗にできる、痛みや違和感が少ない、などメリットがある一方、歯を削る必要がある、神経を抜く場合もあるなど、注意しておきたいデメリットもあります。

セラミック矯正のメリット・デメリットをまとめましたので、チェックしてみてください。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の併用

マウスピース矯正とワイヤー矯正には、適応できる範囲や矯正力などで違いがあります。マウスピース矯正を進行している途中で不適合が生じた場合などには、リカバリーするための補助装置としてワイヤー矯正装置を併用することがあります。マウスピースとワイヤーの得意分野の違いや、ワイヤーを併用する場合の方法などについてチェックしていきましょう。

マウスピース矯正のリファインメントとは

マウスピース矯正では、進行途中で本来の治療計画との誤差が生じることがあります。リファインメントはその誤差を修正するために、マウスピースを追加で発注する工程のことを言います。マウスピースの矯正ではほとんどの人がリファインメントを必要としており、治療計画を立てる際はリファインメントを行うこと前提でプランニングされています。

小児矯正の注意点

小児矯正は、骨格矯正を目的に5歳〜12歳頃に行う「第一期治療」と歯列矯正を目的に12歳以降に行う「第二期治療」の2つの治療に分けられます。小児矯正の注意点や治療の流れ、メリット・デメリットを紹介します。

歯列矯正と嘔吐反射の関係とは

嘔吐反射とは、口の中に異物が入る刺激によって吐き気を覚えること。歯列矯正では歯型を採ったり装置を入れたりするため嘔吐反射の不安が挙げられがちです。嘔吐反射を防ぐにはマウスピース矯正が有効的です。

歯科治療恐怖症とは

過去に歯科治療のトラウマを覚えた人は、無意識に歯科治療を怖がり、避けようとすることがあります。これを歯科治療恐怖症と言い、安全に歯科治療を行うため、静脈内麻酔や笑気吸入などが対策として効果的とされています。

マウスピース矯正の対象年齢

マウスピース矯正は永久歯が生えそろう年齢が下限とされていますが、上限とされる年齢はありません。歯や歯肉が健康な状態であれば、何歳からでも矯正を始められます。ただし矯正の前に歯周病や虫歯といった病因を治療する必要はあります。

インビザラインのアタッチメントが外れたら?

インビザラインの矯正を効率良く行うために設置するアタッチメントは、矯正中に取れてしまうことがあります。アタッチメントが外れたら次回の診察で担当の歯科医に診てもらい、再設置してもらいましょう。アタッチメントが外れたときの対処法について解説します。

前歯だけのマウスピース矯正は可能?

前歯だけのマウスピース矯正は可能です。部分矯正の場合は全体の矯正よりも費用を抑えられる点や、治療期間が短く押さえられるのがメリットです。ただし他の部分の矯正も必要な場合や、ライフスタイルによっては部分矯正ができない可能性もあります。

マウスピース矯正時のお手入れ方法

マウスピースは歯と密着してプラークが付着しやすいため、最低でも1日に1回は洗浄が必要です。普段は冷水を使って指で優しく洗い流し、汚れが目立つときには専用の洗浄液を使い、毛のやわらかい歯ブラシなどでよく洗い落としましょう。

マウスピース矯正と滑舌の関係

マウスピース矯正中は違和感を覚えることがあり、話しづらさや滑舌の悪さを感じることもあります。マウスピース矯正が直接滑舌を悪くするわけではありませんが、正しい装着方法や舌のトレーニングで話しづらさを克服しましょう。