マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » マウスピース矯正ができない人とは?歯並びまとめ » 八重歯
 

八重歯

ここでは、八重歯が気になっている人、治したいと考えている人に向けて、マウスピース矯正治療で八重歯が治せるかどうかを解説しています。八重歯の症状の特徴や、原因などについてもまとめました。

マウスピース矯正で八重歯は改善が期待できる?症状・原因・矯正法まとめ

八重歯の症状の特徴

八重歯とは、「犬歯」や「糸切り歯」と呼ばれる歯(上顎の中心から3番目の歯)が隣接する歯と重なっていたり、外に飛び出ていたりする歯並びのことで、「乱ぐい歯」とも言います。

笑ったときに、犬歯(糸切り歯)が目立つのが特徴です。

日本では許容されることも多く、むしろチャームポイントとしてアピールする芸能人もこれまで多くいました。しかし、国際社会においては認識が違うようで、あまりよくない印象を与えてしまう可能性もあります。国際化が進むいま、八重歯の矯正をする人は増えていくことでしょう。

八重歯の原因

八重歯の原因は、主に「口が小さいこと」です。口が小さいと、歯が並ぶスペースが足りず、八重歯になってしまうことがあるのです。

口が小さくなってしまう原因としては、以下のようなものが挙げられます。

など

また、奥歯の乳歯が複数本虫歯になった場合や、早くに乳歯を抜歯した場合などに、残った乳歯が前方に出てきてしまい、スペースが狭くなって八重歯となることもあります。

八重歯の矯正方法

八重歯を治すための矯正方法としては、「マウスピース矯正治療」と「ワイヤー矯正」があります。

最近は、より手軽にできるマウスピース矯正に対応する歯科クリニックが増えています。ただし、適応となる症例が限られているので、症状(八重歯の状態・重症度)によっては、ワイヤー矯正の方を勧められるかもしれません。また、ワイヤー矯正とマウスピース矯正の併用で治療が行われることもあります。

一方のワイヤー矯正は、審美面で気になる人も多いですが、さまざまな状態の八重歯に対応できるのがメリットです。

ひかくんのまとめ

img01

八重歯はマウスピース矯正で治療するケースも多いけれど、重症の場合は矯正治療を行う歯科医師と要相談だよ!

ちなみに、ドクターチェックがないマウスピース矯正システムはNG。重症か軽症かをしっかり判断してくれるマウスピースを選ぶことが重要だよ。

安すぎるマウスピースや、自分で勝手に辞められるマウスピースも、しっかり効果を得られない可能性があるから気を付けてね!