マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較
マウスピース矯正なび|マウスピースのブランドを徹底比較 » マウスピース矯正ができない人とは?歯並びまとめ » 過蓋咬合(ディープバイト)

過蓋咬合(ディープバイト)

※深い嚙み合わせのこと

マウスピース矯正で過蓋咬合は改善が期待できる?症状・原因・矯正法まとめ

過蓋咬合の症状の特徴

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、奥歯を噛み締めた状態で上の前歯が下の前歯に被さりすぎて、下前歯がまったく見えない状態のことで、ディープバイトとも呼ばれています。

他の歯並びと違い、過蓋咬合の場合は、パッと見では歯並びが悪いとは見えず、実際に歯並び自体は綺麗な人も多いです。そのため、「矯正治療までする必要はないのでは…」と考えてしまい、知らず知らずの内に噛み合わせが悪くなってしまって、悪影響が出てしまうことがあります。

過蓋咬合の原因

過蓋咬合の原因は、ほとんどが遺伝や骨格によるものです。上顎が過度な成長で長くなっていたり、下顎が小さかったりなど、骨格に問題があるケースが多いです。過蓋咬合を放置すると、顎関節への負担が大きくなってしまい、顎関節症を引き起こしやすくなります。もしインビザライン矯正で歯並びを整えたとしても、骨格自体を治すことはできませんので、外科手術と併用し、骨格を治す必要があります。

過蓋咬合の矯正方法

過蓋咬合は、インビザラインで治すことが一部可能です。インビザラインには、症例に応じて様々なアタッチメントが存在し、それらを経験豊富な歯科医師がカスタマイズして、その人に合った治療をしてくれます。

過蓋咬合の治療に用いられる、バイトランプという専用のアタッチメントは、アライナー上の歯の前歯の裏につく突起で、口を閉じた時に舌に前歯が当たり、奥歯が深く噛みこみすぎることを防ぐ役目があります。

過蓋咬合の治療方法としては、奥歯の挺出(歯を骨から引っ張る)と、前歯の圧下(歯を骨の中に押し込む)ことが一般的。奥歯の挺出は、インビザラインのマウスピースで奥歯を引っ張り出し、移動させながら高さを出して、前歯と奥歯の噛み合わせを正常にするという方法。前歯の圧下は、前歯を歯ぐきの方向(骨の方向)に潜らせて行くように移動させる方法のことです。

ひかくんのまとめ

img01

過蓋咬合は、インビザラインのマウスピースで矯正が一部可能。ただ骨格が原因の場合もあるので、そうした際は外科手術の必要もあるみたい。

まずは医師に診察してもらい、相談して治療方法を決めるといいね!